FC2ブログ

春一番の便り 紅梅と255系

2月はウォーキングを兼ねて徒歩鉄で255系の撮影に出かけていました。3月に入り、色々と花が咲いて来る季節ですが、週末の天候不順と用事も重なり撮影機会がほとんど無い状況です。

今年もブロ友さんの梅の開花の写真を拝見し早速訪問。まだ蕾が多く少し早い感じでしたが、撮影できそうです。去年は朝早い時間に訪問したら梅に太陽光が当たっておらず残念でしたが、今回はもう少し遅めの時間に訪問。ちょうど良さそうな時間帯に255系が1本通過するので撮影してきました。
202年2月20日 4003M しおさい3号

総武本線 物井-佐倉 4003M 特急しおさい3号 2月20日撮影



殺風景なモノサクの冬も終わり。梅の開花が一番早い春の便りとなりました。


色があるっていいなぁ。



さて、この撮影の後、久しぶりに成田線へ鹿島貨物狙いで訪問してみます。


1本のみ撮影して急いで佐倉駅に戻ります。



本日もご覧頂きありがとうございます。

総武本線旧線築堤跡

モノサクに立ち寄ったのは総武本線の旧線の築堤跡と撮影をしてみたかったからです。

レンガ造りの橋台と石垣、そして単線の築堤跡が残っています。物井川にかかる橋があったようです。

前に紹介したガーダー橋からこの築堤の先まで、現在の総武本線のルートへ変更する前の遺構が残っています。

よーく見ると築堤の向こうを255系が通過しています。


2021年2月11日 4010M しおさい10号

総武本線 佐倉-物井 4010M しおさい10号 2月11日撮影


本日もご覧頂きありがとうございます。

冬の亀崎のお地蔵様

モノサクのお地蔵様の前は何回か通っていたのですが、この日は久しぶりにカメラを向けさせてもらいました。冬は赤い毛糸の帽子をかぶっているのですね。みかんもお供えされていました。

いつごろから建立されているかわかりませんが、背中越しに走る総武本線の車両の変化の歴史を一番知っているのでは?と思います。


2021年2月11日 4005M しおさい5号

総武本線 物井-佐倉 4005M 特急しおさい5号 2月11日撮影


本日もご覧頂きありがとうございます。

モノサクのお地蔵様とロクヨン

安房鴨川方面に小遠征した帰り道、まだ時間も早かったのでいつものモノサクに寄ってみました。

ロクヨン貨物1094レを狙います。


今回のダイヤ改正でEF64が関東運用から撤退。それに伴い、鹿島貨物からもEF64の運用が消滅。

2016年に奇跡の鹿島貨物運用の復活から丸5年。復活した2016年は足しげく沿線に通いましたが、その後は当たり前のようになり年々撮影機会が減ってきてしまっていました。

午後の14時台のモノサクはロクヨンと255系が次々やってきて忙しい~なんて言っていたのは過去帳入り。このお地蔵様の脇を当たり前のように走っていたロクヨンはもう来ることはなさそうです。


総武本線 佐倉-物井 1094レ 2月11日撮影


日曜日の単機ももっと撮影しておけばよかった。。。

ロクヨンの単機回送を定期で狙えるチャンスもそんなにないですし。結局は後の祭りですね。


本日もご覧頂きありがとうございます。

255系に久しぶりに乗車

わかしお3号の折り返しのわかしお12号の撮影もできましたが、このわかしお12号に乗車して戻ることにしました。255系の乗車は本当に久しぶりです。


2021年2月11日 1062M わかしお12号③

外房線 安房鴨川駅 1062M わかしお12号 2月11日撮影

いつも走行写真ばかりなので近くで撮影するのは初めてかも。。。


2021年2月11日 1062M わかしお12号

今は列車名にビューの愛称はついていませんが、このロゴアイコン好きだなぁ。

先頭車の自由席に乗車。競合の高速バスのカピーナ号に対応するためか自由席特急料金は安いです。


B56A8132.jpg


B56A8134.jpg

安房鴨川からはほぼ独り占め状態の1号車。

今の特急に比べるとコンセントも大型テーブルもなく設計が古いですが・・・

椅子がふかふかで座りやすい。


IMG_1819.jpg

安房鴨川のニューデイズで南総軒のあさりめしを購入。


わかしお号は京葉線経由で海浜幕張で下車して乗り継ぎでそのまま帰るつもりでしたが、蘇我駅で乗り換え千葉駅に向かうといつものモノサク訪問の時間帯に佐倉駅に着けます。第二ラウンドでモノサクへ向かってみます。


本日もご覧頂きありがとうございます。

安房天津駅にて

2月の外房線訪問の続きです。
国道128号線をてくてく歩き、隣の安房天津駅を目指します。GoogleMapで下調べ済でしたが、トンネルもある国道ですが歩道があり歩きやすかったです。
Google先生で事前に調べていた撮影場所は安房天津駅構内とY字ポイントが撮影できそうな踏切でしたが、行ってみると踏切支障検出器が設置され柵もできてしまっており撮影に不向きになっていました。
こんなこともあろうかと、予備の場所として目星をつけていた安房天津駅構内で撮影してみます。

2021年2月11日 1053M わかしお3号


外房線 安房小湊-安房天津 1053M わかしお3号 2月11日撮影


駅のはずれからY字ポイントとトンネル飛び出しを狙いました。



202年2月1日 1053M わかしお3号②


わかしお3号はゆっくり安房天津駅構内を通過していきます。



IMG_1811.jpg


ブルーの屋根の待合室がが海沿いを走る外房線にマッチします。安房天津駅にて。



IMG_1809.jpg



IMG_1806.jpg


天気が良くて歩きやすかったです。


わかしお3号の続行の普通電車で安房鴨川駅に戻ります。



本日もご覧頂きありがとうございます。




新宿わかしお回送

有名な海バックの撮影地で土休日運転の新宿わかしお撮影し、移動します。
少し古い情報をネットから入手。安房鴨川から先ほどの新宿わかしおが安房小湊駅での疎開のため、回送でやってくるはずです。
目星をつけていた陸橋で撮影してみます。こちらでは地元のカメラマンがいらっしゃいました。風が強い中列車を待ちます。
2021年2月11日 XXXXM 新宿わかしお回送

外房線 安房鴨川-安房天津 回????M 2月11日撮影


遠くの田んぼには菜の花が咲いているのが見えました。


このような見下ろしアングルは撮影したことが無かったので良かったです。


他にも撮影地が点在しそうなので田んぼに水が入る頃や夏場にまた訪問したいです。



さて、次の撮影ターゲットは255系のわかしお3号になります。少し時間が空くので、隣の安房天津駅まで徒歩で移動してみます。



本日もご覧頂きありがとうございます。

外房線で255系を狙う 安房鴨川海バック

綺麗に海が撮影できる冬のうちに外房線の海バックの撮影地を訪問したいと思っていました。しかし、貴重な外房線での255系の運用のひとつ、新宿わかしおが検査入場のため2月20日から3月21日までE257系500番台で代走の知らせが入りました。
代走運用前の天気の良さそうな日を見計らって久しぶりに外房線へ訪問してきました。
有名な海バックのポイントで新宿わかしおを徒歩鉄で狙うためには、歩く時間を考えると電車で訪問すると間に合いません。よく調べると千葉駅発の鴨川亀田病院行きの高速バスがあり、これなら間に合いそうです。早朝千葉駅から高速バスのカピーナ号に乗り、安房鴨川を目指しました。
終点の亀田病院が撮影地も近いのですが、すこし早く着きすぎてしまうので鴨川駅前で下車しウォーキングを兼ねて撮影地を目指しました。
2021年2月11日 9053M 新宿わかしお

外房線 安房天津-安房鴨川 9053M 新宿わかしお 2月11日撮影


北側からの撮影で終日逆光となるこの場所。なるべく海が青く映る構図で撮影。



2021年2月11日 9053M 新宿わかしお②


欲張って後ろ追いも。とりあえず綺麗な海と一緒に撮影できて良かった。


外房線では海沿いを走る255系ですが、海バックの撮影地はほとんどなさそうです。。。



さて、WEB検索するとこの新宿わかしおの編成は日中は安房小湊駅に疎開(昼寝)をするようです。回送列車を狙うため撮影地を移動してみます。



本日もご覧頂きありがとうございます。

3/11 10年目の被災地を走る常磐線に乗車②(富岡→仙台)

東日本大震災から10年目の節目の日3月11日に乗車した「特急ひたち3号」の乗車記録です。


上野からはるばる約250キロ、3時間。列車は富岡駅を発車しました。


この先は原発事故の影響を受けている区間、ならびに津波の被害を受けた区間を走ります。




上野-仙台間は新幹線自由席に比べると2000円安い(えきねっとトクだ値10の価格で)


東北を目指す在来線特急が現役で運行されているのは本当に貴重です。




IMG_1922.jpg


夜ノ森-大野駅間。この辺りは原発事故の影響で生活感は全くない。


時折、工事関係者の姿を見ることが出来た。送電線は福島第一原発方面からつながる。




IMG_1923.jpg


11:05 大野駅到着。福島第一原子力発電所の最寄り駅。駅構内、駅前の避難指示は解除。降りても出歩くことはできないと思われます。




IMG_1929.jpg


双葉駅手前で見かけた地震で倒壊した家屋。原発事故の影響で地震の直後に避難し、当時のまま手付かずになってるのであろう。



IMG_1930.jpg


双葉駅11:10着。震災の日だったからか降りるお客も何人かいた。


車内では震災関連の用事で乗車している方が何人もいたようだ。



IMG_1933.jpg


浪江には11:15到着。今までの沿線の停車駅に比べると比較的大きな町。この町は生活感が戻ってきていた。



IMG_1935.jpg


原ノ町駅には11:32着。東京上野ラインで見かけるE531系に遭遇。運用範囲はかなり広いですね。


終点の仙台まであと1時間。



IMG_1937.jpg


相馬駅11:48分着。途中通過した日立木駅は「ひたちぎ」ではなく「にったき」と読むそうです。


ここから先は、また海に近づいて線路が敷かれています。津波の被害を受けた区間を走行します。相馬から仙台まではノンストップです。




IMG_1940.jpg


駒ケ根-新地駅間。海方面は本当に何にもない。大津波の被害が大きかった区間と思われる。




IMG_1942.jpg


新地駅は大津波で停車中のE721系電車ともに駅舎並びに周辺の建物が流されてしまった駅。当時、ヘリからの中継映像をみて愕然とした光景だったことを思い出します。今は300Mほど西側に移設して新駅が作られた。



IMG_1946.jpgIMG_1948.jpg


IMG_1950.jpg


津波で甚大な被害を受けた新地駅から浜吉田駅までは、復旧に伴い線路が海寄りから内陸に移設された場所。従来線が敷設されていた東側の海方面は全く何もない。新線区間の一部は高架化されて高い位置を走る。丘陵部分に立つ家は古い家屋が多く、標高差で津波の被害を免れていたことを物語る。



IMG_1955.jpg


岩沼駅で東北本線と合流します。イーストアイが出迎えてくれた。仙台まではあと少し。




IMG_1957.jpg


12:31、仙台到着。上野から4時間半の長距離移動でした。新幹線が開通する前は、こういった特急を利用した移動が当たり前だったことを思うと驚きます。


仙台到着後・・・腰痛気味でしたので、腰が大変なことになったのと、車内でテレワークと車窓の確認をやっていたので、トイレに行きそびれ膀胱が大変なことになりました。。。



関東も東日本大震災で被害を受け、私も当時大変な思いをしましたが、今の首都圏では震災の爪痕はほとんど感じないで生活しています。


しかしながら、常磐線で走り抜けた町では、10年前の震災もまだ進行形で、いたるところであの日を境に大きく変わってしまった様子を車窓からも感じ取ることができました。少しづつは復興は進んでいるものの当時のような生活環境に戻るためにはまだまだ時間がかかると思いました。


毎年この時期になると当時のドキュメンタリーの再放送や新たな番組が作られ、目にする機会が多くなり震災を忘れずにいる契機になります。しかし、画面で見て感じるのと実際自分の目で確認するのは大きく違う気がしました。今回は仕事での訪問でしたが、訪問先でも津波が襲ったことなどをお聞きする機会があり、3月11日に仙台へ訪問することができたのは貴重な経験となりました。



本日もご覧頂きありがとうございます。



3/11 10年目の被災地を走る常磐線に乗車①(上野→富岡)

去る3月11日は東日本大震災から10年目となりました。未曾有の被害が出た東北地方沿岸部はまだまだ復興半ばだと聞いていました。


常磐線が全線復旧して丸1年。特急ひたちも仙台行きが設定されています。上野から仙台まで360km.

長距離を走る特急は全国的には激減。一度は仙台まで走破してみたいと思っていましたが、コロナの影響で旅行もままならず機会がありませんでした。しかし、偶然、仙台へ3月11日に行くことになりました。自分の目で震災後10年の節目を迎える被災地を車窓から見てみることにしました。



上野始発8:00。特急ひたち3号(2003M)に乗車しました。進行方向右側(東/海側)の席を確保しました。

仙台までは4時間半。かなりの長丁場です。

特急ひたち3号仙台行き(2003M) 長駆360キロの移動が始まります。




IMG_1868.jpg

上野駅の案内板。遠距離の行先が出る列車も在来線では「特急ひたち」ぐらいになってしまいました。


常磐線の乗車は大甕駅までしか行ったことがありません。就職活動で訪問したのが北進の最後。もう20年以上前になります。




IMG_1879.jpg

上野を出発して1時間17分。水戸の偕楽園を通過します。ちょうど梅が見頃です。





IMG_1884.jpg

水戸駅に9:18に到着。DE10が2機(1654号機、1604号機)とEF81が2機(95号機、98号機)が駐機していました。常磐線、水郡線関連の機関車牽引の工臨ももうそろそろ終焉です。機関車たちの処遇が気になります。



さてここまで順調に走行してきた「ひたち3号」でしたが、東海-大甕間で非常警笛を長く鳴らしたまま急停車。線路内に支障物があったようです。緊急ブレーキがかかり、急停車を知らせる自動音声が流れてからも、なかなか止まらない。スピードがのっていると数百メートル単位で進んでしまいますね。幸いにも保線作業員がいた区間だったので4分ほどの停車で再出発しました。非常警笛は凄かった。。。




IMG_1890.jpg

さて、日立駅付近からは太平洋がちらほら車窓から見えてきます。写真は穏やかな勿来の海岸線(10:00頃)。昔、常磐線の大津港行きの中電を見かけて、大津港ってどこだ?と思っていましたが、かなり上野から遠い場所なんですね。。。





IMG_1896.jpgようやく湯本に到着 10:17。フラガールと湯けむりに出逢える町と駅名標に書いてあります。スパ リゾートハワイアンズがありますね。こんなに遠いんだ。。。




IMG_1901.jpg

撮影時刻(10:36)から推測すると久ノ浜付近かな?穏やかな海が広がります。




IMG_1903.jpg

末続-広野間では旧線?の線路跡が何回も見えました。




IMG_1908.jpg

末続-広野間は鉄道雑誌などで海バックの好撮影地が昔から紹介されている場所で撮影に行ってみたい区間でした。昔から列車本数が少なくて諦めてしまったことを思い出しました。


この辺りの海は本当にきれいです。常磐線も少し高いところを走ります。




IMG_1913.jpg

10:43 広野駅に到着。ここから先の区間は原発事故の影響を受けている場所を走行していきます。




IMG_1915.jpg

木戸駅付近を走行。この辺りの海側は何もないので、津波の被害があったのかもしれません。



IMG_1918.jpg

10:57に富岡駅に到着。津波の被害で駅舎が流出し100Mほど移設された。海側には大規模な堤防のようなものが作られる工事がされている。


この辺りを走行していても見えるのは国道以外はほとんど工事車両ばかりだ。



この先、福島第一原発に近い、大野駅、双葉駅、浪江駅と「ひたち3号」は停車していく。。



本日もご覧頂きありがとうございます。

プロフィール

熊猫

Author:熊猫
ヤフーブログから引っ越ししました。
引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。

山男ロクヨンを中心に撮影をしています。最近は255系もよく撮影しています。首都圏が撮り鉄活動の中心ですがたまにロクヨンを追い求めて遠征もします。

よろしければ過去の書庫もご覧ください。
コメントもお気軽にどうぞ。


ブログ開始 2008年2月

カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
ご覧頂きありがとうございます。
ブロとも一覧

鉄道省画像部

北鉄局の撮影日記

ムーちゃんの鉄旅帳

マイペースな鉄分補給 2nd
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR