2023年春 のせでん訪問記⑦

のせでんの撮影に来ています。
この日は夕方遅めの時間から卒業シーズンに合わせたメッセージ列車の「祝電」が運用に入ります。
日中運用していた7200系と交換で1700系の「祝電」ヘッドマーク付き電車が平野駅から運用に入りました。


B56A2195.jpg
能勢電鉄 鶯の森-滝山 2023年3月11日撮影
公募で採用になったヘッドマークがダブルで付いています。しかも前後で異なり4種類!
こういったヘッドマークの付け方は関東では見かけないので新鮮です。

B56A2232.jpg
能勢電鉄 絹延橋-滝山 2023年3月11日撮影
すぐに川西能勢口駅から折り返してくるので、滝山駅反対側の撮影ポイントへ。

B56A2242.jpg
能勢電鉄 滝山駅 2023年3月11日撮影

まだ日没まで時間があるので、後続の列車で日生中央方面に移動していみます。

B56A2256.jpg

B56A2265.jpg
能勢電鉄 畦野駅 2023年3月11日撮影

一旦改札を出てすぐに後続の列車で再度川西能勢口方面へ。
また滝山駅に戻ってきました。
B56A2280.jpg
能勢電鉄 滝山駅 2023年3月11日撮影
能勢電鉄訪問のラストカットとなりました。日中の「祝電」の運用は無く残念でしたが、夕方から数本撮影できて良かったです。

おまけ
IMG_3613.jpg

IMG_3614.jpg
5100系の車内にあった鉄道ファン的に心くすぐるつり革。

1日能勢電鉄の沿線で時間を過ごしましたが、楽しく撮影できあっという間に時間が経ってしまいました。
先週の同電鉄のニュースリリースでは4月13日に開業110周年とのこと。
記念ヘッドマークを1757編成車に取り付け、順次他の形式にも提出するそうです。
これはまた行かなくては。。。

本日もご覧頂きありがとうございます。

2023年春 のせでん訪問記⑥

能勢電鉄の撮影来ています。4両編成での運転区間に戻ってきました。
畦野駅で撮影をしてみます。

能勢電鉄 山下-畦野 2023年3月11日撮影
1700系がやって来ました。カッコいいですな。

B56A2088_20230408143404ee8.jpg
能勢電鉄 山下-畦野 2023年3月11日撮影
4両編成というのがいいですね。

B56A2066.jpg
能勢電鉄 畦野駅 2023年3月11日撮影
7200系は日生中央方が前パン車両です。よく見ると撮影している私が窓ガラスに写り込んでいます。

B56A2106.jpg
能勢電鉄 滝山駅 2023年3月11日撮影
滝山駅に移動しました。そろそろ1700系使用の「祝電」が平野の車庫から出区し運用に入るので駅界隈で撮影してみます。

B56A2118.jpg

B56A2125_202304081434086e0.jpg
能勢電鉄 鶯の森-滝山/滝山駅 2023年3月11日撮影
滝山駅もいい感じに撮影できます。

B56A2131.jpg

B56A2163.jpg

B56A2147.jpg能勢電鉄 滝山-鶯の森 2023年3月11日撮影
滝山駅近くの線路沿いの道から撮影してみます。阪急マルーン色1色の車両の方がいいかな。

さて能勢電鉄に来た一番の目的の「祝電」を迎え打ちします。

本日もご覧頂きありがとうございます。

2023年春 のせでん訪問記⑤

能勢電鉄の撮影に来ています。
妙見口駅からとなりのときわ台駅まで歩いてみます。並行する道路から少し離れたところにトンネルがあるようですが、その先の駅間の中間地点には踏切があり道路とクロスしそうです。

B56A1996.jpg
能勢電鉄 ときわ台-妙見口 2023年3月11日撮影
中間地点の踏切にやって来ました。山中のしずかな場所です。たまに地元の方やハイキング客が通りました。

B56A1999.jpg
能勢電鉄 ときわ台-妙見口 2023年3月11日撮影
妙見口方はトンネルになっていました。

B56A1988.jpg
能勢電鉄 妙見口-ときわ台 2023年3月11日撮影
トンネル飛び出しも狙えます。能勢電鉄は明かり区間だとライト点灯しないで運転されているんですね。復刻塗装はオリジナルの阪急マルーン色とは印象がだいぶ変わりますね。

B56A1973.jpg

B56A2012.jpg
能勢電鉄 ときわ台-妙見口 2023年3月11日撮影
古枕木を再利用した味のある柵がありました。山下駅、妙見口駅からすぐに折り返してくるので何カットでも撮影できます。

B56A2006.jpg
能勢電鉄 妙見口-ときわ台 2023年3月11日撮影
山の中を走る5100系。新緑や紅葉の季節も良さそうです。

B56A2026.jpg
能勢電鉄 妙見口-ときわ台 2023年3月11日撮影
ときわ台方面に歩いていくと小ぶりな鉄橋がありました。

B56A2037.jpg
能勢電鉄 ときわ台-妙見口 2023年3月11日撮影
妙見口方面を望む。勾配と周りの風景と山岳路線のようである。

B56A2051.jpg
能勢電鉄 ときわ台-妙見口 2023年3月11日撮影

B56A2060.jpg
能勢電鉄 妙見口-ときわ台 2023年3月11日撮影
振り返ってときわ台方面を望む。かなりの勾配区間であることが分かります。
ときわ台駅の周りは住宅がけっこうありました。

駅に向かい、山下駅以南の4両編成区間で夕方まで撮影してみます。
本日は夕方から期間限定の「祝電」が運用されるのでこちらを狙ってみます。

本日もご覧頂きありがとうございます。


2023年春 のせでん訪問記④

能勢電鉄の撮影に来ています。
妙見口駅近くの吉川八幡神社で保存車両を見学後、妙見口駅に戻ってきました。駅近くの踏切から撮影できそうでしたので、こちらで何本か撮影してみます。

能勢電鉄 ときわ台-妙見口 2023年3月11日撮影
ときわ台駅から勾配を上ってきた5100系。2両編成の5100系が山下-妙見口間をピストン運用。短い時間で10分ヘッドダイヤ設定なので高頻度で効率よく撮影できます。

B56A1923.jpg
妙見口駅 2023年3月11日撮影
妙見口駅を望む。4両編成の列車も運転されるのでしょうか。余裕のあるホーム長です。構内にはこの数日後に解体されてしまった保線用車両が留置されていました。

B56A1926.jpg 
能勢電鉄 妙見口-ときわ台 2023年3月11日撮影
近くにはちょっとした田んぼもあり、田植えから稲刈りまではまた違った風景が広がりそうです。

B56A1937.jpg
能勢電鉄 ときわ台-妙見口 2023年3月11日撮影
このあたりは山深いので山岳路線の感じがでます。

B56A1956.jpg
能勢電鉄 妙見口駅 2023年3月11日撮影
駅構内に入っていくティラミス色の5100系。シーズンにはハイキング客も多そうだ。

IMG_1643.jpg
能勢電鉄 妙見口-ときわ台 2023年3月11日撮影
立派な蔵がある家があった。終点の妙見口は町というよりは集落がある駅でした。

このまま隣のときわ台駅まで歩いてみます。

本日もご覧頂きありがとうございます。

2023年春 のせでん訪問記③

能勢電鉄の撮影にきています。
妙見口駅でお昼ご飯を食べた後、ここへ向かってみました。駅から徒歩10分程度で着きました。

阪急550形と能勢電鉄1500系(1552号)※元阪急2100系が保存されています。すごい!

IMG_1611.jpg
保存されているのは吉川八幡神社です。550形は岐阜県のアルナ工機養老工場で保存されていたので、帰阪となっています。幕にも注目。

IMG_1620.jpg
吉川八幡神社。馬もいるみたいです。お参りしてきました。

IMG_1616.jpg
実はこの保存車両は前面のみのカットモデル。貴重な車両が保存されているだけもありがたい。

IMG_1629.jpg
お参りついでに1552号の絵馬を購入してきました。色々と柄があり目移りしてしまいました。
すべて2023年3月11日撮影。

さて、天気もいいのでいったん妙見口に戻り能勢電鉄を撮影しながら徒歩で移動してみます。

本日もご覧頂きありがとうございます。

2023年春 のせでん訪問記②

能勢電鉄の撮影に来ています。
山下駅に向かっていましたが、途中の平野駅に併設されている車庫に車両が留置されているのを見て、途中下車。この日は日中の運行が無かった1700系の祝電、予備車と幕に表示されている5100系が並んで止まっていました。祝電はほっぺにみたいにダブルヘッドマーク付き。ホームページの運行情報では本日は夕方から出区のようで後ほど撮影してみます。予備車には謎解きラリーをPRするマークが。参加している方を沿線で何人も見ました。

能勢電鉄 平野駅 2023年3月11日撮影

IMG_1573.jpg
能勢電鉄 平野駅 2023年3月11日撮影
7200系(元阪急7000系/6000系)も運転されています。屋根近くに白い塗装をされているので印象が変わりますね。

IMG_1580.jpg
能勢電鉄 平野駅 2023年3月11日撮影
平野駅から再び乗車。日生線との分岐駅の山下駅を目指します。運よく1700系がやって来ました。短い区間ですがモーター音を堪能します。

IMG_1584.jpg 
能勢電鉄 山下駅 2023年3月11日撮影
山下駅は妙見線と日生線の分岐駅。妙見線は急に山間部を走るようになります。2両編成の5000系が山下-妙見口駅間をピストン輸送していました。妙見山への観光需要路線の感じが強い印象を感じましたが、こちらも10分ヘッドの運転で驚きました。地元の方の足でもあるのでしょう。
リバイバル塗装車が運転されていました。ティラミス色ともいわれているようです。

B56A1874.jpg
能勢電鉄 山下-笹部 2023年3月11日撮影
抜群の乗り継ぎダイヤで終点の妙見口駅を目指して出発していきました。妙見線は山下駅から先は単線運転で勾配が続きます。このリバイバル塗装も良いですね。良く似合っています。

B56A1905.jpg
能勢電鉄 日生中央-山下 2023年3月11日撮影
先ほど乗車してきた1700系がもう日生中央から戻ってきました。駅間距離も短くパターンダイヤなので本当に分かりやすい。

B56A1880.jpg
能勢電鉄 笹部-山下 2023年3月11日撮影
妙見口方面から妙見線の電車がやって来ました。こちらも復刻塗装の5100系。白青のツートンです。本日はこの2編成が日中10分間隔で山下-妙見口間を往復していました。一通り撮影したかった車両が撮れて満足です。この車両に乗車して終点の妙見口駅へ行ってみます。

IMG_3608.jpg
5100系車内。阪急の特徴の木目調の内装が印象的。ごつい扇風機もいい雰囲気ではないか。

IMG_1589.jpg
能勢電鉄 妙見口駅にて
山下から妙見口までは急に山間部になります。軽快に勾配を上っていきます。
終点の妙見口駅に到着。乗客してきたお客さんは数名のみ。。。しかし10分ヘッドの運転。

IMG_1586.jpg
妙見口駅にて 2023年3月11日撮影
妙見口駅の側線に停まっていた錆サビの保線用モーターカー。いい雰囲気だったので撮影しましたが、後日Twitterをたまたま見ていたらなんとこの6日後に現地解体、搬出されてしまったようです。長らく留置されていたようで、撮影出来て本当に良かった。

IMG_1591.jpg
良い雰囲気の妙見口駅。妙見山登山の玄関口でもあるようです。
どことなく叡山電鉄の鞍馬駅に雰囲気が似ているような感じがしました。
手前のお土産屋さんは「かめたに本店」というお土産屋兼飲食店。猪が有名なのか猪フルトの旗が。

IMG_3610.jpg
ちょうどお昼でお邪魔することに。やはり猪が名物なのか猪料理が沢山。元祖「ししとじ丼」を頂くことに。猪肉の臭みや硬さもなくトロトロ卵にとじられていて美味しかった。

さて妙見口駅には行ってみたい場所があったのでそちらに食後向かってみます。この日は本当に天気が良く近畿地方は季節外れの夏日とのこと。GW頃の気候の感じでちょっと歩くには気持ちがよさそうです。

本日もご覧頂きありがとうございます。






2023年春 のせでん訪問記①

和田岬線の撮影で関西へ。同線の運転は朝と夕のみですので、滞在2日目の朝に撮影してしまうとやることが無い。。。しかもこの日の夕方は207系の代走とのこと。
ほぼ丸々フリーとなっていましたので、前から訪問したかった能勢電鉄へ。

関東ではあまりなじみのない鉄道会社で私もつい最近まで知りませんでしたが、ダーリンハニーの吉川さんがTV番組で能勢電鉄を訪問しているのを拝見し、コンパクト4両編成の阪急マルーン色の列車が運転されていて行ってみたいと思っていました。

能勢電鉄は、阪急宝塚線の川西能勢口駅から妙見口まで行く妙見線と途中の山下駅から分岐して日生中央駅まで行く日生線の2つが鉄道路線、そのほか妙見山には妙見の森ケーブル(鋼索線)、妙見の森リフト(索道線)からなります。今回は鉄道路線の妙見線を中心に回ってみました。
古い阪急顔の古参1700系(元阪急2000系)や5100系(元阪急5100系)を撮影してみたい。折しも卒業シーズンのため、門出を祝うヘッドマーク付きの「祝電」、またリバイバルカラーの編成も運転されているみたいで鉄道路線だけで14.8キロと短いながら楽しめそうです。

能勢電鉄 川西能勢口駅 2023年3月11日撮影
川西能勢口駅でいきなり出逢った5136号車。この色、この顔いいねぇ。
前日から移動で阪急電鉄にかなりお世話になっていましたが、気品のある阪急マルーン色や車内の木目調の内装は本当に素晴らしい。能勢電鉄も車両譲渡されているので同じです。

では早速乗車してまずは鼓滝駅へ。10分ヘッドのパターンダイヤで運転されているので、車両の運用も読みやすいです。

B56A1783.jpg

B56A1793.jpg

B56A1809.jpg

B56A1816.jpg
能勢電鉄 鶯の森-鼓滝 2023年3月11日撮影
川西能勢口からどんどんと勾配を上がっていきます。この区間は猪名川を渡る雰囲気のある区間です。国道からお手軽にトラス橋を撮影できました。眼下を4両編成の車両が行き来する風景は模型のようです。もう少し広角レンズで全景を入れたかったのですが、徒歩鉄なので家に置いてきてしまいました。スマホの広角機能で撮影しても動いている電車だと全然撮影できなかったので諦めました。やはり装備は一通りもっていかないとだめですね。

B56A1831.jpg
能勢電鉄 鼓滝駅 2023年3月11日撮影

B56A1836.jpg
能勢電鉄 多田-鼓滝 2023年3月11日撮影
鼓滝駅脇の踏切が撮影できるとのことで訪問しましたが、人通りも多く障害物も多く厳しい場所でした。ここでは古参の1700系を撮影できました。この車両はモーター音が素晴らしいです。昨年12月に2編成が勇退しているので残り2編成のみが健在です。

IMG_1568.jpg
能勢電鉄 鼓滝駅 2023年3月11日撮影
駅に戻りさらに北上してみます。10分ヘッドのダイヤなので本当に撮影と移動が楽です。前パンの5100系がやって来ました。比較するとわかりますが、1700系とライト位置などが違いますね。

本日もご覧頂きありがとうございます。



プロフィール

熊猫

Author:熊猫
風景と鉄道をテーマに鉄道写真を撮影しています。
一番好きな車両のEF64型電気機関車の撮影機会が減ってしまったので、開設当初からのブログ名を思いきって変更しました(2022年1月)

最近は各地を走る路面電車の撮影がメインになってきています。

ブログの更新頻度はマイペースですが、よろしくお願いします。
よろしければ過去の書庫もご覧ください。
コメントもお気軽にどうぞ。
Instagramはwywpm935で更新。

※当ブログ内の写真や記事の無断転載は禁止です。対策でやや画質を落としています。

旧ブログ名「出撃!去り行く国鉄型電機関車EF64の撮影日記」

ブログ開始 2008年2月

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
ご覧頂きありがとうございます。
ブロとも一覧

鉄道省画像部

北鉄局の撮影日記

ムーちゃんの鉄旅帳

マイペースな鉄分補給 2nd
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR