FC2ブログ

総武本線の駅舎巡り

総武本線の撮影に行くと、降り立った駅では雰囲気の良い駅舎があることがあります。
国鉄時代を感じる木造駅舎はいつまでも残って欲しいものです。最近訪れた3つの駅を紹介します。



B56A0294.jpg


B56A0297.jpg



B56A0299.jpg

干潟駅 特急は停車しないこじんまりとした駅です。国道に面しているので周りは賑やかです。

張り出した軒などとても良い雰囲気。




IMG_2346.jpg



IMG_2349.jpg



IMG_2350.jpg

横芝駅

特急も停車する駅。普通列車を待っていましたが、結構な乗降客がありました。

駅舎もいい雰囲気ですが、ホームに面した駅舎の壁面には国鉄タイプ?の駅名標が残されていました。




IMG_2352.jpg



IMG_2360.jpg



IMG_2359.jpg



IMG_2361.jpg

松尾駅

こちらの駅舎も瓦屋根の木造づくり。松尾駅のポイントは木造のホーム待合室の壁面に残されたホーローの駅名標。


こういった駅舎探訪をできるのも徒歩鉄の楽しみですね。本数の少ない路線では撮影後、時間が有り余るので。


本日もご覧頂きありがとうございます。

津田沼 鉄道連隊跡を巡る②

津田沼駅の北東側、藤崎地区へ徒歩で向かってみます。

藤崎森林公園に森林つながりの木曽の森林鉄道が保存されているとのこと。津田沼で木曽とはにわかに信じがたいですが、百聞は一見に如かずです。

藤崎森林公園は住宅地の中に残された湿地帯にある静かな池のある公園でした。バスで通勤時に通っている場所ですがこんな場所があるとは知りませんでした。すべて5月3日撮影。


IMG_2237987410mnbvghj.jpg

おおっ!本当に森林鉄道の編成が保存されています。

編成は木曽王滝森林鉄道の酒井工作所GB4L形5t機(№92)+運材台車王営№7+運材台車王営№6+B大客車王営№4助六の4両編成。屋根付きの場所で保存されています。


IMG_2229lpkjnh33.jpg


IMG_222874123655.jpg


IMG_22327777889.jpg


IMG_2231568789200.jpg


IMG_2233.jpg


IMG_2234iuygbnm.jpg

田島停車場の看板も!


木曽の鉄道を思わぬ近場で見ることができてこれは良かった。


藤崎森林公園からは再度鉄道連隊跡を歩いてみます。

現在はハミングロードという名前のウォーキング、ジョギングの道になっています。


IMG_224399999999874522p.jpg

砂利道が演習線跡と思われます。大久保から三山~高津~犢橋~宮ノ木~園生~千葉まで約16.7キロ、軌間600mmの軽便鉄道だった。今の日大生産工学部、東邦大学付近にも支線があり連隊施設があったようだ。


IMG_2245werthnm.jpg

ここにも分かりやすい説明の看板があった。


身近な場所にも鉄道の歴史があったことを知ることは楽しいですね。


最後は京成大久保駅から京成電車に乗って帰りました。

IMG_2247ijkuytertyui87.jpg

ちょうど先日の宗吾車両基地見学ツアーで出会った3400形がやってきてラッキーでした。帰りは初代スカイライナーの走行機器の歴史を感じつつ帰宅しました。


本日もご覧頂きありがとうございます。




津田沼 鉄道連隊跡を巡る ①

平日は毎日利用している津田沼駅界隈には旧陸軍の鉄道連隊の遺構が残っています。

前から散歩がてら歩いてみたいと思っていたので出かけてみました。

鉄道連隊の津田沼-松戸間の演習線は新京成電鉄の線路に一部流用され現在もくねくねとカーブが続く路線を体感することができます。また津田沼-千葉間にも演習線が敷かれていたようです。旧陸軍の鉄道連隊は第二次世界大戦中、中国・東南アジア各地に派遣され、タイとミャンマー間に敷設された泰緬鉄道の建設の作戦も行った部隊となります。


まずは津田沼駅南口にある千葉工業大学の通用門へ。

IMG_2222121012547865.jpg

このレンガ造りの通用門は、第二大隊の表門となります。ちょうど今の千葉工業大学やバスターミナル、モリシアの商業施設があるところが第二大隊の施設があった場所となります。すべて5月3日撮影。


IMG_222198742103655.jpg

文化庁の登録有形文化財になっています。鉄道連隊に関する分かりやすい看板も隣にありました。


つぎに総武線の線路を渡り津田沼駅の北側に行ってみます。


イトーヨーカドーの向かいの津田沼1丁目公園には保存車両があります。


IMG_2227326584512365.jpg

K2形 機関車 134号

第二連隊が現新京成電鉄になっている演習線で使用していた蒸気機関車。

西武鉄道のユネスコ村で保存されていたのを連隊があった津田沼に移設したとのこと。

小型の機関車が良い雰囲気です。


補足

blog_import_5ca3a4735f0d10099888.jpg

以前に「鉄道遺産」の書庫でもアップしていますが、鎌ケ谷市には鉄道連隊の橋脚跡がいまも公園に残っています。この区間は新京成電鉄に流用されず、二和向台→初富間は鎌ヶ谷大仏を経由するショートカットの線路が敷設されたため谷に橋脚だけが残ってしまっています。詳しくは書庫の「鉄道遺産」をご覧ください。


さて鉄道連隊跡から少し離れて、津田沼駅界隈にあるもう一つの保存車両を見学しに向かってみます。


続く。





旧・成田空港駅と宗吾車両基地見学ツアー ③

表題の京成トラベルさんのツアーの続きです。旧・成田空港駅の特急ホームを見学後、階上のコンコースへ上がってみます。エスカレーターは稼働しておらず、階段で登ります。
成田空港駅として活用されていた頃は、広大なコンコースがあったようですが、現在はほんの一部しか使われておらず、大半は当時の遺構の資材置き場のようになっていました。
ここでも当時を想起させる看板などが豊富にあり楽しい時間を過ごすことができました。

B56A8976.jpg
B56A8978.jpg

当時はオレンジ主体の案内表示だったようだ。現在のリムジンバスとリンクしているみたいで面白い。初代スカイライナーのアイコン、笑う電車みたいでとても良いです。この広いコンコースが大勢の訪日客で賑わっていたと思うと感慨深い。


B56A8981.jpg
改札口や駅名標、時刻表などが無造作に置かれている。
B56A9003.jpg
B56A8979.jpg
切符を受け取ったり、入鋏するこのボックス。本当に懐かしい。
B56A8980.jpg
B56A8989.jpg

B56A9001.jpg



B56A8973.jpg




現在使われている東成田駅のコンコースでは、ツアー限定の物販出店やパネルの提示、プレゼントでもらった船車券へのダッチングマシーンでの日付印字、入鋏体験が出来た。



B56A8984.jpg



B56A8987.jpg





コンコース跡地にも当時の広告や掲示物がそのまま残されていました。



B56A8997.jpg



B56A8999.jpg



B56A8974.jpg



B56A8970.jpg



B56A9007.jpg



B56A9010.jpg




さて、見学時間もあっという間に終わり。


前から見学したかった旧・成田空港駅に滞在出来て本当に良かったです。細かく見たつもりでしたが、意外と見逃していた物もあるみたいで。。。行動範囲は制約されていますが、色々探してみるのも面白いと思います。



出発時間も近くなったので階段を下りて特急ホームに戻ります。



B56A9008.jpg



B56A9011.jpg




次は宗吾車両基地へ乗車してきたAE形の団体臨時列車で向かいます。



続く。



本日もご覧頂きありがとうございます。





旧・成田空港駅と宗吾車両基地見学ツアー ②

表題のツアーの続きです。現・東成田駅(旧・成田空港駅)の今は使われていない特急ホームに新型AE形の団体臨時列車が滑り込みました。

この特急ホームは普段は立ち入り禁止ですが、本日は特別公開。規制線以外は自由に見学して良いとのことで薄暗いホームやコンコースを探索してみます。
旧・成田空港駅は1878年(昭和53年)開業。成田空港ターミナルには直結しておらず、連絡バスや徒歩で向かっていたようです。1991年(平成3年)に成田空港高速鉄道の開業により本線から外れ東成田線の盲腸線となり、駅名が東成田に改称されました。

旧特急ホームは東成田駅に改称後使用されなくなり、当時の駅名標や広告がそのまま残る鉄道遺産となっています。


特急ホームに滑り込んだ新型AE形の団体臨時列車。駅名標は東成田ではなく当時のまま成田空港。

屋根を支える真っ白な円柱の柱がかつて日本の玄関だった重要な駅だったことを物語る。ピーク時には一日2万人強が利用していた主要駅であった。
B56A8928.jpg

B56A9021.jpg



B56A8952.jpg
B56A8953.jpg
B56A8961.jpg

1992年から2020年代に一気にタイムスリップしたような錯覚に陥る。この車両を選択した京成トラベルさんは素晴らしい。
駅構内には当時の駅の設備がそのまま残る。駅構内は薄暗くフラッシュをたかないとうまく撮影できなかった。
B56A8959.jpg

B56A8963.jpg




B56A8965.jpg
B56A9040.jpg
B56A8935.jpg
B56A8940.jpg
B56A9058.jpg

B56A9023.jpg



B56A9027.jpg




B56A9018.jpg



B56A9029.jpg


現在は東成田駅から先は芝山鉄道の芝山千代田駅まで延伸されているが、特急ホームは終点の車止めがあった。



駅構内の広告も当時のまま。平成初期の企業広告が残る。今はもうない企業の名前も・・・



B56A9019.jpg



B56A8933.jpg



B56A8943.jpg



B56A8945.jpg




国際空港の窓口らしいWelcome&See you againボード。各国のあいさつ文が記されている。右下には初代スカイライナーのイラストが。。。



B56A8926.jpg



B56A9035.jpg



ホームの見学が大体終わったので、階上のコンコースへ移動してみます。今回のツアーの為に、鉄道グッズの売店や硬券へのダッチングマシーン/入鋏体験ができるようです。



ネタバレになってしまいますが、写真で見るのと現地で見学するのでは大違いです。不定期に特急ホームの公開をしているみたいなので機会があれば是非。



続く。


本日もご覧頂きありがとうございます。





信越本線 旧線跡

群馬訪問記の続きです。

碓氷第三橋梁は遊歩道になっているので橋に上がることができます。

廃線ウォークもできるようでしたが、夏のギラギラ日差しの中、延々と歩くことはやめて少しだけ散歩。レンガ積みの鉄道トンネルの中はひんやりとしていました。
B56A6068.jpg

碓氷第三橋梁の上から新線方面を望む。


現役時代有名な構図。新線の勾配度合いが分かります。


山の中、もう走らない列車を線路は待ち続けます。8月15日撮影。



B56A6066.jpg


国道18号線を望む。くねくねです。


学生時代に自転車で走破したことがあります。


横川方から登ると下り坂がほとんどない峠道です。



B56A6082.jpg


旧線跡は遊歩道になっています。


こういった雰囲気好きだなぁ。去年の今頃、わたらせ渓谷鐡道の旧線跡を少し歩いて感化されて廃線ウォークの本を買いましたが、結局どこにも行けてません。。。



B56A6080.jpg


誰でも気楽に訪問できる観光スポットですが、こういった廃トンネルの雰囲気を楽しめるのは良いですね。



まだ時間があったので、妙義神社、こんにゃくパークなどを見学。


最後にドライブイン七輿へ。昨年も仕事途中で一度立ち寄ったのですが、ここには貴重なうどんやラーメン、トーストサンド、ハンバーガーなどの自動販売機が現存しています。子鉄がうどんを買ったら、出てこなかったので店員さんを呼びました。古い機械なので騙し騙し稼働させているのかもしれませんね。



IMG-1464.jpg



IMG-1465.jpg


ドライブイン七輿にて。店員さんが麺類の自販機を直してくれています。


個人的にはアルミ箔に包まれたトーストサンドがおすすめ。取り出すときアルミ箔がめちゃくちゃ熱いですが。。。



これでお盆の群馬訪問を終わりにします。


長々とお付き合いありがとうございました。


碓氷第三橋梁 めがね橋訪問

群馬訪問の続きです。

碓氷鉄道文化むらの後は、少し足を延ばして「碓氷第三橋梁」へ。

まだロクサンが活躍していた頃は、駅から遠く離れており徒歩鉄では訪問できませんでした。その後、何回か橋梁の前は車で通過したことがあるのですが、近くで見学するのは初めてです。


雄大なレンガ造りの美しいアーチ橋はとても素晴らしい。当時のまま山の中に佇みます。



B56A6057.jpg


B56A6059.jpg

碓氷第三橋梁 8月15日撮影

この場所を列車が走っていたのは信じられません。

峠に挑むだけでなく建築意匠にもこだわった鉄道への先人の思いが感じられます。


B56A6061.jpg

見上げてみる。天空に架かる橋のようです。


本日もご覧頂きありがとうございます。

天空に架かる橋 毛渡沢橋梁

上越線の越後中里-土樽間にある毛渡沢橋梁は石積の立派な橋脚が見事で以前から訪問してみたい場所でした。今回初めて訪問しましたが雄大さと歴史の重みに圧倒されてしまいました。

IMG_7583.jpg


上越線 越後中里-土樽間 毛渡沢橋梁 11月4日撮影



IMG_7586.jpg


上り線用として現役で使用されています。



IMG_7591.jpg



IMG_7594.jpg


奥から手前に上り線は走ってきます。


高さがあるので列車を絡めた写真は少し離れて撮影しないと厳しいかな。



IMG_7593.jpg


今細々と収集しているZゲージのモジュールで再現したい橋梁です。


緑の鉄橋と架線柱、石積みの橋脚は本当に上越線らしい風景。



おまけ


IMG_7582.jpg



IMG_7580 - コピー


土樽付近は本当に紅葉がきれいでした。


陽があたる場所は紅葉が本当に映えますね。



上越線美食旅号の撮影ついでに立ち寄ってきた上越国境付近の鉄分スポットのレポートは今回でおしまいです。



本日もご覧頂きありがとうございます。

つちたる(土樽)駅

新潟方面へ関越自動車道を走っていると長い関越トンネルを抜けて見えてくるのが、清水トンネルに近い土樽駅。冬場は豪雪に埋もれ、夏場でも人の気配が感じられないような秘境感漂う駅で前から気になっていました。


上越線 土樽駅  すべて11月4日撮影

錆サビの駅名標。雪に埋もれてしまうからサビてしまうのか?


IMG_7578.jpg

駅構内は広い。除雪用の車両を格納する施設もある。

よく見るとペンション風の建物も近くにある。


IMG_7579.jpg

こちらも錆サビ・・・


IMG_7572.jpg

ログハウス風の駅舎。

ちょうど普通列車到着したみたいで若い撮り鉄さんがぞろぞろ。

上越線美食旅号が運転された日ですが、みんな電車&徒歩で新清水トンネル飛び出しのお立ち台向かったようでした。こんな辺鄙な場所でも公共機関での訪問とは感心してしまいました。撮影した後の帰りの電車待ちが大変そう。。。


IMG_7573.jpg

国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。

向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱいに乗り出して、遠くへ呼ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん」

明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。

川端康成 ~雪国より~


小説に描かれた信号所は土樽駅のようですね。私の場合、上越国境を越えるのは上越新幹線か車がほとんどですが、冬場に国境を越えると雪国だぁという感じは小説の冒頭しか知らないのに心に沁みついていますね。


IMG_0943.jpg

こちらは関越自動車道の土樽パーキングエリア。

トイレ休憩でちょっとだけ止まりましたが見事な紅葉でした。

越後湯沢付近に比べると標高が高いのでしょうか、山の色づきが全然違いました。


土樽付近はなんとなく秘境感漂う寂しい感じがまたいい雰囲気です。


本日もご覧頂きありがとうございます。


モノサク 鉄道遺構

モノサクでの列車待ちの間に時間もあったので、総武本線旧線の廃線跡を訪れてみました。

総武本線の電化により旧線が廃止されたのは1968年3月。今から51年前のことですが、比較的わかりやすい形で旧線跡は残されていました。



物井川橋脚跡。物井川へ向かう築堤とレンガ積みの橋脚跡がはっきりと残されていました。

右の新緑の木の下に黒い影が。狸がいました。

IMG_6041.jpg



橋梁跡の反対側の佐倉方面に伸びる旧線跡と思われる草道にはレンガ積みの形跡がありました。

当時の線路は単線で、亀崎踏切のもっと西側の雑木林に向かって線路が敷かれていたようです。

IMG_6042.jpg



こちらは亀崎踏切の南西側に位置する小さなガーダー橋跡。物井駅方面から来ると山野越踏切から西にそれて線路が敷設されていたようです。ガーダー橋から水田地帯西側の雑木林方面へは、今は農道となっている線路跡の築堤が残されていて、この築堤からも列車が撮影できる撮影ポイントでもあります。

IMG_6092.jpg



お地蔵さんへ久しぶりに訪ねてみました。

傍らには桜の木?があり、もう少し早い時季なら季節感がある写真が撮れたかもしれません。

IMG_6033.jpg


今は水田地帯に雄大な線形で線路が敷かれていますが、電化による新線開業、それにともなう旧線の廃線という歴史あってのモノサクなんですね。


本日もご覧頂きありがとうございます。




プロフィール

熊猫

Author:熊猫
ヤフーブログから引っ越ししました。
引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。

山男ロクヨンを中心に撮影をしています。最近は255系もよく撮影しています。首都圏が撮り鉄活動の中心ですがたまにロクヨンを追い求めて遠征もします。

よろしければ過去の書庫もご覧ください。
コメントもお気軽にどうぞ。


ブログ開始 2008年2月

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
ご覧頂きありがとうございます。
ブロとも一覧

鉄道省画像部

北鉄局の撮影日記

ムーちゃんの鉄旅帳

マイペースな鉄分補給 2nd
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR