FC2ブログ

叡山電車で鞍馬寺へ

叡山電車の小旅行の続きです。叡山電車に乗って鞍馬線の終点鞍馬駅に着きました。ここは名の通り天狗で有名な駅ですが、まず目についたのがこの保存車両。


IMG_0509.jpg

鞍馬駅にて 8月18日撮影

森の中に佇む古い車両のカットモデル。前照灯も点灯しています。


IMG_0510.jpg

鞍馬駅。天狗のお面が・・・

物販の車が横付けになっていて駅舎全体が撮影できなかったのが残念。。。


IMG_0511.jpg

有名な天狗のオブジェ。鼻高々。


さて、以前から参拝したかった鞍馬寺へ向かってみます。ケーブルか九十九折参道の坂道を歩いていくかの2択ですが、ここはせっかく来たのでケーブルには乗らず歩いて参拝に向かいます。


IMG_0515.jpg

鞍馬寺 仁王門(山門)を望む


IMG_0518.jpg

青もみじの下、参道を進んでいきます。


IMG_0520.jpg

途中 由岐神社がありました。

10月22日に日本三大火祭の「鞍馬の火祭」が行われる神社です。


IMG_0521.jpg

由岐神社境内には立派な御神木が。

樹齢800年53メートル。大杉さんで親しまれる。


由岐神社で御朱印を頂き、さらに山の上にある鞍馬寺を目指します。九十九折参道は急勾配で、暑いし思った以上に大変でした。ふもとでPETボトルを購入してこなかったことを後悔しました。清少納言が 「遠きて近きもの、くらまのつづらをりといふ道」 と綴った歴史由緒ある参道です。


IMG_0523.jpg

参道途中の転法輪堂・洗心亭で休憩をとりつつ、本殿金堂へ。

長い参道を歩いてきた分、参拝すると清々しい気分になりますね。


このまま貴船神社方面に山中の参道が続いているようですが、結構な距離があり、時間の関係上、今回は鞍馬寺のみの参拝となりました。帰りは下り坂なのであっという間に鞍馬駅に戻れました。


IMG_0530.jpg


IMG_0532.jpg

駅前で昼食をとりお饅頭を買って鞍馬駅に戻りました。

雰囲気のある駅舎です。


IMG_0534.jpg

行きに見かけた保存車両の近くまで行けることが分かり近づいて見学。

デナ21形電車の先頭部と車輪がありました。1929年から1994年まで活躍したそうです。


IMG_0535.jpg

帰りの電車は現在の主力車両の800形


IMG_0537.jpg

帰りは二軒茶屋までは下り坂。

勾配を上ってきたきららとすれ違いながら・・・


IMG_0538.jpg

出町柳駅に戻りました。722号車がお出迎え。

派手な塗色は「沿線の神社仏閣をイメージした色」とのことです。


和田岬線のレポートに始まり叡山電車の旅と長々と訪問レポートが続きました。撮り鉄バリバリの写真を載せるよりか皆様のアクセス数もよく、このような写真の多いレポートはブログ向きかもしれませんね。掲載した写真のほとんどはスマホの写真です。旅の途中でお手軽に撮影できるスマホの機動力はすごいですね。


次回からはまた撮り鉄写真に戻ります。


本日もご覧頂きありがとうございます。


叡山電車に乗って・・・

京阪電車の快速特急「洛楽」で出町柳へ。叡山電車に乗り換えて、貴船神社・鞍馬寺方面に行ってみます。京阪電車と叡山電車は駅もつながっており、観光客はほぼ入線していた鞍馬行きに乗り換えるので大混雑。ここではあえて一本見送り次の鞍馬行きまで狭い駅構内で待ってみます。




先行の鞍馬線 鞍馬行 800系トップナンバー 8月18日撮影


2両永久連結編成です。この電車は大混雑で見送りました。以前なかったスカートが付いて締まった顔立ちになりました。



IMG_0474.jpg


出町柳駅


叡山電車の駅構内は狭い。ちょうど模型で作れそうな規模です。



出町柳駅で鞍馬線の電車を待っていると、ぜひ見てみたかった車両が入線!



IMG_0477.jpg








叡山本線用の観光列車「ひえい」 デオ732


普通のきっぷで乗車できます。



IMG_0478.jpg



IMG_0482.jpg


強烈なインパクトのあるデザインは、グッドデザイン賞、ローレル賞を受賞。


車齢30年以上の700系電車の改造車なんですよね。


今回は叡山本線には乗りませんでした。


ちょうど3年前の同じ時期に比叡山にいくのに叡山電車にお世話になっていました



IMG_0486.jpg


なんで1本鞍馬線の電車を見送ったかというと、展望電車「きらら」に乗車できるからです。



IMG_0487.jpg


新緑をイメージした「青もみじきらら」塗装に変更されていました。


今年は鞍馬線が全通90周年!



IMG_0491.jpg


出町柳駅を出発です。叡山本線のノーマルの700系がホームに見えます。



IMG_0502.jpg


出町柳の駅でもらったうちわより。


鞍馬線は二軒茶屋から50‰の勾配が続く山岳区間に入ります。



IMG_0492.jpg


きららの車内には天狗のお面が飾られていました。



IMG_0505 (編集済み)


出町柳駅で1本乗車を見送ったおかげで、中央部の外側向きの座席に乗車することができました。


車内はこちらも混雑していました。。。



IMG_0506.jpg


山間部を通り抜け、終点の鞍馬駅へ到着。


途中の貴船口駅で7割ぐらい下車してしまいました。



IMG_0507.jpg


鞍馬駅は緑多い場所です。


緑色のきららの塗色が良く似合います。



鞍馬では前から訪問したかった鞍馬寺へ行ってみることにします。



本日もご覧頂きありがとうございます。



京阪プレミアムカーに乗車してみました

関西旅行の続きです。関西に行くたびに気になっていた京阪のポスター。舞妓さんたちが京阪電車のプレミアムカーの乗車口に並ぶ写真が使われています。



関西旅行3日目は野球観戦はせず1日フリーでしたので毎年恒例京都まで足を延ばすことにしました。

淀屋橋に宿泊していたので、始発駅の淀屋橋から出町柳までこのプレミアムカーに乗車して少しリッチに京都を目指しました。


IMG_0459.jpg

お盆期間中の日曜日ということで、どのくらい混んでいるかわからず、前日のうちにプレミアムカー券を購入。乗車率みると当日購入でも大丈夫そうでしたが・・・時刻を調べず窓口に行きましたので、ホテルの出発時間に合わせた電車を係員さんに選んでもらいました。


IMG_0463.jpg座席予約をしてもらった列車は快速特急「洛楽」。京橋を出ると七条まで停車しない速達タイプの電車でした。淀屋橋から出町柳まで50分です。


IMG_0462.jpg

淀屋橋駅のプレミアムカーの乗車口付近。プレミアムカーのロゴ、指定席看板。


IMG_0464.jpg

快速特急「洛楽」が入線。8000系です。鳩のマークやカラーリングがかっこいい。


IMG_0468.jpg


IMG_0467.jpg

8000系編成にはダブルデッカー車も連結されています。

こちらは別料金なしで乗車できます。これだけでも関東では驚きです。

プレミアムカーはさらにワンランク上のサービス、空間を提供しないといけませんね。



IMG_0466.jpg

扉が閉まりきつてないですが・・・優雅な金色の扉から乗車します。


IMG_0469.jpg

扉の内側。半円形の窓。濃いグレー基調のシックなデザインでプレミアム感を高めています。


IMG_0470.jpg

内装も和洋折衷のシックなデザイン。

シートは2+1列配置。


IMG_0471.jpg


IMG_0473.jpg

座席の包まれ感がすばらしい。

ブラインドも金色調でお洒落です。


Wi-Fiやコンセントも装備。専用アテンダントさんが乗車しており、ブランケットの貸し出しやプレミアムカーグッズなどを販売してくれます。情報誌も配布してくれて、目を通しているうちにあっという間に京都市内に入ってしまいました。ゆったりした気分で京都まで向かうことができました。


大阪から京都への移動手段は路線競合もしており幾つかありますが、京阪のプレミアムカーはおすすめです。料金もプラス500円と通勤ライナー並みの追加料金ですので、手軽に乗車できるのがいいですね。

リンク貼っておきます。

京阪プレミアムカー(京阪電車HP)


さてさてJR京都駅から離れた出町柳駅に到着しました。

次は叡山電車に乗って京都北部へ向かってみることにします。つづく。


本日もご覧頂きありがとうございます。


和田岬線で103系を撮影する

和田岬線訪問の続きです。

終点和田岬駅に着くと改札口はありませんでした。車止めの様子の見学や駅前のコンビニで朝食を買っている間に電車は兵庫へ戻ってしまいました。


IMG_0425.jpg

和田岬線 和田岬駅 8月17日撮影

和田岬駅は単線1面の単純な駅であった。


朝早く来たおかげでまだ数本撮影できそうでしたので、ブラブラと兵庫駅方面へ向かってみます。


IMG_0429.jpg

和田岬線 兵庫-和田岬 8月17日撮影

幹線道路をまたぐ踏切があった。


IMG_0431.jpg

和田岬線 和田岬-兵庫 8月17日撮影

すぐに和田岬駅から折り返してくる

103系低運転台車が日常的に動いている不思議な光景


DSCN0543.jpg

兵庫運河に架かる和田旋回橋

日本最古かつ最初の鉄道可動橋らしいですが、現在は固定されているようです。


DSCN0547.jpg


IMG_0436.jpg

和田岬線 和田岬-兵庫 8月17日撮影

和田旋回橋を渡る103系


DSCN0550.jpg

和田岬線 兵庫-和田岬 8月17日撮影

この踏切からは編成写真がきれいに狙えました。

路線の規模からすると103系6両は長編成かなと思いますが、

それだけ朝夕のラッシュ時には込み合うのでしょう。


DSCN0563.jpg

和田岬線 和田岬-兵庫 8月17日撮影

国道2号線からの俯瞰場所。右の分岐線は川崎重工業兵庫工場への引込線。

新型車両を製作している工場で、この分岐線から甲種輸送されます。

車両の姿も電車の車内から見えた気がしますが、現在は敷地は撮影禁止。


あと1本午前の最終往復便が撮影できそうでしたが、暑いので切り上げました。まだ朝の8時台・・・

このあと元町のスタバで充電しながら涼をとり、中華街、三ノ宮のホビービル、生田神社などを観光。


IMG_0446.jpg

生田神社は三ノ宮駅からすぐの場所にありますが、

西暦201年創建された歴史が相当古い神社です。


ちょっと観光に時間をとりすぎてしまい、慌てて京セラドームへ向かいます。

阪神電車のホームに降りると・・・


IMG_0450.jpg

阪神本線 神戸三宮駅 8月17日撮影

古い・・・こんな電車がまだ走っているのですね。

クリーム色とオレンジの車両も途中の車庫に留置されているのを見ました。



DSCN0670.jpg

で、肝心な野球観戦ですが、前日16日はナイター観戦でロVSオ(1対2)、この当日17日はロVSオ(0対6)と結局2試合観戦してホームラン1本の1点のみの得点という悲惨さでで2連敗。

京セラドームでの観戦成績は5戦0勝と3年連続黒星となりました。まさに「京セラドーム勝てないの巻」です。というか、今年は見に行く試合のたびに負けているので去年より観戦回数は減っており、その分撮り鉄活動に時間を割いています(^^;


次回は、京都でのやや鉄分ありの観光のレポートとなります。

旅行中のスナップ撮影は鉄道写真含めてほとんどスマホでの撮影です。ブログレベルの写真ならスマホで十分ですね。なによりもお手軽に撮影できるのが良いです。


本日もご覧頂きありがとうございます。


103系最後の聖地 和田岬線探訪

少ない夏休みを利用して毎年恒例の真夏の関西へ旅行に行っていました。数年前はUSJへ遊びに行くための旅行でしたが年々趣向が変わり、ここ数年は京セラドーム大阪でのロvsオの観戦がメインイベントで、間に鉄分補給&神社仏閣巡りというのが最近の関西旅行のパターンです。
デイゲームの野球観戦がメインなので空き時間も限られ、土地勘がない関西地区でどこで鉄分補給しようかと迷っていたら和田岬線に103系電車が現役で走っているらしい。しかも土曜日の朝も数本ダイヤが設定されており、朝早くおきて、宿泊先の淀屋橋駅から大阪メトロ、阪神電車、JR神戸線を乗りつぎ兵庫駅へ。
IMG_0416.jpg

和田岬線 兵庫駅 8月17日撮影


スカイブルーの103系が健在。



IMG_0411.jpg


JR神戸線から乗り換えるには駅構内でさらに和田岬線専用の自動改札を通る必要がありました。これは終点の和田岬駅には改札がないための処置のようです。1駅だけなので兵庫駅の和田岬線専用の自動改札を通過すると上下線共用で和田岬線の乗車が記録されるようです。



IMG_0412.jpg


和田岬線 兵庫駅にて 8月17日撮影


低いモーター音唸らせながら103系が停車中。6両編成です。


お盆期間の土曜日なので通勤客はほとんどいなく鉄道ファンとおぼしき人が何人か乗車していました。



IMG_0415.jpg


和田岬線 兵庫駅にて 8月17日撮影


103系は兵庫-和田岬の往復運用。両駅とも単線のためひたすら往復する形となります。


幕式行先表示、サッシ窓、雨随など昭和の車両ですね。



IMG_0414.jpg



IMG_0418.jpg



103系に数年ぶりに乗車して和田岬駅へ。わずか2.7㎞の路線のため103系乗車の余韻に浸る間もなくあっという間に終点の和田岬駅に到着。



IMG_0420.jpg




IMG_0421.jpg



IMG_0424.jpg


和田岬線 和田岬駅 8月17日撮影



IMG_0422.jpg


ダイヤはこんな感じ。平日は通勤客で混雑すると思われ、土曜日(訪問時はお盆休み期間)がゆっくり乗車や撮影ができるかと。日曜日はご覧の通り・・・数本撮影できそうなので、ブラブラと沿線に向かってみます。兵庫駅まで歩いても2.7Kmなので大した距離ではなさそうです。



本日もご覧頂きありがとうございます。









平成筑豊鉄道 北九州レトロライン

九州訪問記の続きです。
九州鉄道記念館訪問後は、横の九州鉄道記念館駅から線路が伸びる平成筑豊鉄道北九州レトロラインの「潮風号」に乗車してみました。

門司港から田浦港までの臨港貨物線(平成17年休止)を利用した観光トロッコ列車。列車自体は南阿蘇鉄道で運転されていたディーゼル機関車DB10形のプッシュプル運転。トロッコはトラ70000型2両をサンドした状態で運行されています。


平成筑豊鉄道 北九州銀行レトロライン 
九州鉄道記念館駅 4月7日撮影

DSCN9620.jpg
平成筑豊鉄道 北九州銀行レトロライン 
九州鉄道記念館駅 4月7日撮影
DB10型は小型ディーゼルです。ヘッドマーク付き。

DSCN9623.jpg
トラ70000型の天井にはきれいな門司港の絵が。

DSCN9630.jpg
トンネルに入ると魚の絵が浮かび上がります!

DSCN9622.jpg
フリー乗車券とのことですが、時間がないので終点の関門海峡めかり駅まで行ってそのまま折り返してきます。

DSCN9628.jpg
終点のめかり公園にぼろぼろのEF30と旧型客車が展示されていました。。。
潮風があたってもステンレスなので大丈夫?

そのまま乗ってきた「潮風号」に乗車して門司港へ戻りました。
時間があれば沿線の桜も綺麗だったので、トロッコ列車の走行写真を撮影したかった。

帰りの飛行機の時間が迫っているので、門司港駅から区間快速で博多へ向かいます。

DSCN9634.jpg
0哩(マイル)標と腕木式信号機。門司港駅にて。4月7日撮影。

DSCN9636.jpg
鹿児島本線 門司港駅 4月7日撮影
門司港駅は頭端式ホームなので独特な風情がありますね。
古い駅ホームにモダンなデザインの813系が滑り込んできました。

門司港から博多までは結構な距離がありますね。。。帰りはほぼほぼ爆睡でした。

たまたま平成最後の日に平成筑豊鉄道の話題となりました。
門司港駅も明治・大正・昭和・平成・令和と時代を歩んでいきます。
長らくUPしてきた九州訪問記もこれでおしまいです。


【重要なご連絡】
次回更新からはYahoo!ブログへの更新を中止してFC2サイトでの更新となります。
今まで当Yahoo!ブログを閲覧していただきありがとうございました。
「熊猫」のプロフィール名にて更新毎にいつもどおり鉄道コムのブログサイトにはアップする予定ですので、引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。
(移行先)
出撃!去り行く国鉄型電気機関車EF64の撮影日記


門司港駅にて

九州訪問記の続きです。
下関の唐戸から関門連絡船で門司港へ。門司港は九州の玄関口にふさわしい鉄道の歴史のある街です。レトロな街並みを見て歩くのがここでの一番の観光のようですが・・・レトロな門司港駅駅舎や九州鉄道記念館見学と鉄分多めの行動をしました。


門司港駅駅舎 4月7日撮影
ちょうど3月に復原されグランドオープンした門司港駅
重厚な駅舎は記憶に残る建造物です。
ここに来たのは2回目。学生時代に自転車旅行中に立ち寄りました。


DSCN9565.jpg

門司港駅駅舎 4月7日撮影
ネオ・ルネッサンス様式。1914年創建。100年以上の歴史をもつ駅舎です。
今回の復原でかなり綺麗な外観となった気がします。

DSCN9566.jpg
門司港駅改札口 4月7日撮影
自動改札機もありますが、木製の改札も。
頭端式ホームなので雰囲気があります。観光客でにぎわっていました。

DSCN9567.jpg
門司港駅駅舎内 4月7日撮影
板張りの光沢のある天井がきれいな旧待合室。

DSCN9569.jpg
門司港駅 4月7日撮影
駅の横は車庫になっていました。
機関車の動輪がモニュメントとして飾られていました。

DSCN9570.jpg
「じも」ではない「もじ」
九州鉄道記念館前にあった旧0哩標(再現)

さてまだ時間もあるので九州鉄道博物館に行ってみます。
もう少しお付き合いください。

本日もご覧頂きありがとうございます。

国鉄型パラダイス 下関駅にて

九州訪問記の続きです。
小倉から5144Mに乗車、関門トンネルを抜けて本州は下関へ。あっという間についてしまいます。下関駅では国鉄型車両がホームに止まっておりタイムスリップしたような感じでした。


山陽本線 下関駅 4月7日撮影
左は九州から乗車して来た415系かな?
濃黄色の塗色の車両はJR西日本の115系。
形式は違うが、顔だけ見ると違いが分かりにくい。


DSCN9540.jpg

山陽本線 下関駅 4月7日撮影

九州方面行き番線から駅名称を見ると小さくJR九州のナンバリングが。
本州の端の駅は意外と閑散としていました。

DSCN9542.jpg

山陽本線 下関駅 4月7日撮影
ホームを歩いていると・・・もう1両国鉄型車両が!


DSCN9543.jpg

山陽本線 下関駅 4月7日撮影

山陰本線の車両かな?単行のたらこ色が現役です。


DSCN9549.jpg

さて下関では少し足を延ばして唐戸市場へ行ってみました。
週末は「活きいき馬関街」と称して市場内に屋台がたくさんでて、新鮮なお寿司やフグの味噌汁、フグのから揚げなどを食せます。ついつい買いすぎましたが、関門海峡の潮風にあたりながらたべる海の幸はさらにおいしく感じます。

おなかも満たしたところで、関門海峡連絡船で再び九州は門司港へ。船でもあっという間についてしまいました
DSCN9559.jpg


DSCN9560.jpg

穏やかな日差しの中、潮風を受けて関門海峡を渡る。

さて鉄道の町、門司港地区を鉄分多めで散策してみます。

本日もご覧頂きありがとうございます。
もうしばらく九州訪問記にお付き合いください。



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

赤間駅から下関駅へ

九州訪問記の続きです。
鹿児島本線普通2824M乗車、途中の赤間駅で後続の区間快速4224Mに乗り換えます。こちらのほうが小倉駅の接続が良く、早く下関駅に着けます。ところが踏切障害でソニック9号、4224Mが遅延。時変がかかり2824Mは海老津駅まで先行、しばし赤間駅で後続の4224M待ちとなりました。


鹿児島本線 赤間駅 2824M  4月6日
常磐線では引退してしまった415系が現役。
九州のブルー帯は明るめです。ロングシート車なので長旅にはちょっと・・・

DSCN9535.jpg
鹿児島本線 赤間駅  4月6日
待ち時間に下りキンタ貨物が通過。
小倉まで寝ずに車窓を見ていましたが、本州と九州を結ぶ幹線だけあって貨物の本数は多いですね。キンタのほか、ED76やEF81ともすれ違い、写欲をそそります。

DSCN9538.jpg
鹿児島本線 赤間駅  4月6日
待避線は木の枕木が使われていました。
自分が乗下車した番線に使用されていたのでなので現役です。

DSCN9539.jpg
鹿児島本線 赤間駅  4224M 4月6日
やや遅延し2824Mが時変出発したホームに813系が入線しました。
九州らしい車両です。この列車小倉へ、さらに5144Mへ乗り継ぎで下関へ。
鹿児島線内は遅延してしいましたが、無事下関へ到着しました。

もう少し九州訪問記を続けます。
 
本日もご覧頂きありがとうございます。

鹿児島本線で下関へ向かう

月初めの週末の6日、7日と九州は福岡へ。バリバリと撮り鉄をしたいところでしたが、旅行日数が少ない。。。乗り鉄重視の旅をしてきました。


1日目はヤフオクドームで完全アウェーのビジター観戦を外野席で黒ずくめ集団に交じり応援し(勝ち星の少ないチームですが勝ちました)、2日目に鉄分補給。夕方発の飛行機まで時間があるので、下関~門司港へ小旅行をしてきました。

まずは博多から小倉へ。


鹿児島本線 博多駅 885系 ソニック 4月7日撮影

ソニックで小倉へ向かうと思いきや、出発の時間差はだいぶありますが、到着時間が快速列車とあまり変わらないので今回は乗車せず。

思ったより早く博多駅へ向かえたので、ちょうど入線していた懐かしいステンレスの415系1500番台、普通2824Mに乗車。 長崎本線の肥前大浦が始発のロングラン列車。博多発車はガラガラでした。

DSCN9531.jpg
415系車内にて 
ドア付近に座る人ってまだいるのかな。。。

DSCN9532.jpg
415系車内にて
ガラガラで暇だったので色々と。
トイレでもなく化粧室でもなく「便所」。
最近「便所」って聞かないなぁ。

有名撮影地の東郷付近は、桜や菜の花がきれいに咲いていました。
まだ撮影でできるのかなぁ。

20190407-kako.jpg
鹿児島本線 東郷-東福間 (2002年11月22日撮影)再掲
九州できちんと撮り鉄をしたことは1、2回程度。
仕事ついでにしか撮影したことが無いです。
こんな列車が今も走っていればいいのになぁ。

最近は撮影に行けてないのでネタ切れです。
しばらく九州鉄道の旅シリーズを続けます。

本日もご覧頂きありがとうございます。

プロフィール

熊猫

Author:熊猫
ヤフーブログから引っ越ししました。
引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。

山男ロクヨンを中心に撮影をしています。最近はEF65PFや255系もよく撮影しています。首都圏が撮り鉄活動の中心ですがたまにロクヨンを追い求めて遠征もします。

よろしければ過去の書庫もご覧ください。

ブログ開始 2008年2月

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
ご覧頂きありがとうございます。
ブロとも一覧

鉄道省画像部

北鉄局の撮影日記

ムーちゃんの国鉄型撮影日記Ⅱ

マイペースな鉄分補給 2nd
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR