FC2ブログ

碓氷第三橋梁 めがね橋訪問

群馬訪問の続きです。

碓氷鉄道文化むらの後は、少し足を延ばして「碓氷第三橋梁」へ。

まだロクサンが活躍していた頃は、駅から遠く離れており徒歩鉄では訪問できませんでした。その後、何回か橋梁の前は車で通過したことがあるのですが、近くで見学するのは初めてです。


雄大なレンガ造りの美しいアーチ橋はとても素晴らしい。当時のまま山の中に佇みます。



B56A6057.jpg


B56A6059.jpg

碓氷第三橋梁 8月15日撮影

この場所を列車が走っていたのは信じられません。

峠に挑むだけでなく建築意匠にもこだわった鉄道への先人の思いが感じられます。


B56A6061.jpg

見上げてみる。天空に架かる橋のようです。


本日もご覧頂きありがとうございます。

リゾート特急 そよかぜ

今年はコロナ禍で旅行という気分ではありませんでしたが、本来の夏の碓氷峠は東京方面から来ると避暑地軽井沢への最後の難所。その昔、夏場の多客時には中軽井沢駅行きの特急そよかぜが運転されていました。

今は車や新幹線を利用して首都圏から軽井沢を訪れる方が多いと思いますが、まだ列車が主役だった頃は、特急あさまを補完する意味合いで、軽井沢地区へのリゾート特急「そよかぜ」が運転されていました。


B56A5982.jpg

碓氷鉄道文化むらにて 8月15日撮影

高原らしい爽やかな愛称とヘッドマークが印象的。


B56A5984.jpg

そよかぜは子供の頃撮ったことあったかなぁ??

国鉄色の189系も久しぶりにみました。稼働車はゼロですかね。。。


IMG_1489999887775552220.jpg

ちなみに我が家のコースターは、伝説の「サロンエキスプレスそよかぜ」のヘッドマークです。

こちらは小学生の時、EF58 61号機牽引でサロンエキスプレス東京を牽引してきた姿を新宿駅でみました。


本日もご覧頂きありがとうございます。



屋外展示の難しさ

碓氷鉄道文化むらは子鉄がよちよち歩きの頃から何度も来ていているので、大きな発見はありませんが、毎回来るたびに傷んでいく車両、修繕されて綺麗に復活する車両が見ることができます。

訪問したお盆休みは快晴で青空バックで機関車を間近に見ることができました。屋外展示の醍醐味です。数多く展示車両があるので、維持管理は本当に大変だと思います。
B56A5999.jpg

碓氷鉄道文化むらにて 8月15日撮影


長らくスマホの待ち受け画面にしているEF60 501号機ですが、


当時に比べると相当ボロボロになってきています。


ロクマルも稼働機が存在しなくなってしまいましたね。。。



B56A6018.jpg


屋外展示はEF30のようにステンレスの車体の方が有利かもしれませんね。


昨年門司の海っぺりで見かけたEF30も状態は良かったです。



B56A6022.jpg


中央のEF53 2号機はピカピカに。


EF63 1号機のヘッドマーク跡に注目。屋外展示はこれだけ色褪せてしまうということですね。



また折を見て訪問しようと思います。



本日もご覧頂きありがとうございます。

お色直しされた189系とロクサン

9月に入り週末の天候不順が続き、撮り鉄活動もしばし休息中です。

撮り溜めてある写真からダラダラ更新していますのでご了承ください。


碓氷鉄道文化むらの一番奥の普段は立ち入れできない場所に、碓氷峠で活躍した189系やロクサンが保存されています。以前に来たときは、ボロボロの189系が展示されていて衝撃を受けましたが、今回訪問した際は綺麗にお色直しされていて美しい姿を見ることができました。しかも前照灯点灯のおまけつきでした。


碓氷鉄道文化むらにて 8月15日撮影

現役時代のようにきれいに塗装し直されていました。


B56A6009.jpg

こちらも綺麗になったEF63 12号機。

兄貴分のEF62はもっと丸みのあるデザイン、弟分のロクヨンはのっぺりした顔です。

今にも動き出しそう。


B56A6015.jpg

これらの機関車が重連で毎日峠に挑んでいたのは隔世の感です。


B56A6002.jpg

屋外展示は本当に写真映えします。

その分人の手での維持管理が大変なんだろうと改めて感じました。


本日もご覧頂きありがとうございます。

暑いので・・・前扉全開

お盆休みに訪問した、群馬県の鉄道文化むらの訪問のレポートです。

信越本線沿線でELぐんまよこかわを撮影後、鉄道文化むらに向かいました。

ちょうどこの期間に、ロクサンと189系あさまの絵が描かれた限定の峠の釜めし が販売されているのでこれを買うのが目的です。「碓氷と彼女とロクサンの。」というライトノベルみたいですが、これは知らなくて、ブログのネタの為に・・・です。

結局、お盆休み期間でしかもELぐんまよこかわ到着から時間が経ってしまっていたので完売。まだ9月中は販売しているみたいですね。


場内を子鉄とウロウロしていると、ロクサンが走ってきました。

体験運転用ですが、まだ動いているのが凄いなぁ。


B56A5996.jpg

碓氷文化むら構内にて EF63 25号機 8月15日

本当に暑いので・・・前扉全開。

碓氷峠は小中学生?の時に父親に連れてきてもらい撮影したのと、終焉間際のフィーバーの時に2日間連日訪問したことがあります。懐かしい。


B56A5990.jpg

軽井沢方はロクサン重連のためかジャンパ栓の受けが凄い。

こちらも前扉全開。


B56A5993.jpg

ロクヨンに比べると運転席横の窓が角ばって斜めになっているのが良くわかりますね。


IMG-1453.jpg

峠の釜めしの限定パッケージは購入できませんでしたが、こんな素敵なマンホールの蓋がありました。


以前にブログでも紹介したボロボロの189系あさまや屋外展示のロクサンがきれいにお色直しされていたので、次回ご紹介します。


本日もご覧頂きありがとうございます。

ELぐんまよこかわ 横川駅にて

ELぐんまよこかわを安中-磯部間で撮影後、横川にある鉄道文化むらへ久しぶりに行ってみました。もう何回来たことか・・・

場内の模様は次回UPしますが、鉄道文化むら見学後、横川駅に行ってみるとなんと午前中に撮影したELぐんまよこかわ牽引のEF64 1001号機がまだ前照灯を点灯したまま止まっていました。大概、到着後すぐに尾灯になってしまうので、これは大変珍しい。


B56A6028.jpg

信越本線 横川駅にて 9135レ ELぐんまよこかわ 8月15日撮影

折り返しの普通電車も停車しておらず、到着してから時間が経っていたので人もまばら。

入場券を購入して立ち寄って良かったです。


B56A6034.jpg

いい雰囲気ですね。10月からは鬼滅の刃とのコラボになるのでどうなることやら。

そういえば旧客リニューアル車のデビューもコロナ禍で延期になっていますね。


B56A6038.jpg

よく撮影するロクヨンですが、これだけ近くで見る機会はほとんどないです。


B56A6044.jpg

12系客車。こちらも貴重な車両です。


B56A6047.jpg

復路のSL運転の方が指定席の販売状況をみると人気みたいですね。

暑い中、機関士さんが石炭を釜に入れていました。


駅の改札に戻るとすでにロクヨンの前照灯は消されていました。

良かった良かった。


本日もご覧頂きありがとうございます。




お盆のELぐんまよこかわ 9135レ

今年の夏休みは泊りがけの旅行はせず近場で過ごしました。

コロナ禍で夏臨はめぼしい列車の運転も無かったのですが、JR高崎支社のSL列車が運転再開しているようで、こちらを撮影に群馬へ。

撮影地も限られるため、お正月に訪問した定番の安中-磯部間のストレートへ。このあとせっかく群馬まできたので少し観光もして帰りたかったので、高崎駅でレンタカーを借りて訪問となりました。


信越本線 安中-磯部 9135レ ELぐんまよこかわ 8月15日撮影

久しぶりに編成写真を撮影した気が・・・。いやぁ待っている間本当に暑かった。。。

夏場は陽が回らずロクヨンの顔が黒くなりますね。。。


B56A5970.jpg

毎度の手持ちなので・・・


B56A5975.jpg

12系客車はいいですね。

後で知ったのですが会社の同僚が乗車していました。


B56A5976.jpg

機関車はバック運転。

田んぼでの撮影は日陰がないので夏場はきついです。


さて、追っかけはせず、横川の鉄道文化むらで限定の釜めしが販売されているみたいなのでそちらを求めに横川へ向かいます。


本日もご覧頂きありがとうございます。

盛夏 亀崎踏切を通過する

モノサクの14時から14時半まではロクヨン鹿島貨物と255系が上下2本連続で通過して、一番のゴールデンタイムになります。この時間帯はお立ち台の亀崎踏切を中心に沿線のどこかしらには大体レイルファンの姿を見かけるのですが、お盆期間の14日はレイルファンの姿はどこにもなく・・・

貨物が盆休暇になっていたのと、これだけ暑いと14時台は日陰のないモノサクは灼熱地獄です。この1枚を撮影し、早々と退散しました。物井駅から歩いて来るだけで汗だくです。
2020年8月14日 4010M しおさい10号

総武本線 佐倉-物井 2010M しおさい10号 8月14日撮影


総武本線の旧ルートの築堤から撮影。


亀崎踏切にも誰もおらず、すっきり撮影できました。


9両は迫力がありますね。カッコいい。



亀崎踏切より北側で撮影する場合は佐倉から徒歩、南側で撮影する時は物井駅から徒歩で訪問することが多いです。毎週のように歩いているので距離はもう苦痛になりませんが、物井駅からちょうど田んぼに抜けるごくわずかな区間では木々に囲まれた場所を通ります。夏場はセミの大合唱と甲虫やらセミなどが道端に落ちていて虫嫌いの私にとっては本当に嫌な場所です。この日も帰り道にセミが洋服にとまるというハプニングが。。。



本日もご覧頂きありがとうございます。

プロフィール

熊猫

Author:熊猫
ヤフーブログから引っ越ししました。
引き続き当ブログをよろしくお願いいたします。

山男ロクヨンを中心に撮影をしています。最近はEF65PFや255系もよく撮影しています。首都圏が撮り鉄活動の中心ですがたまにロクヨンを追い求めて遠征もします。

よろしければ過去の書庫もご覧ください。

ブログ開始 2008年2月

カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
ご覧頂きありがとうございます。
ブロとも一覧

鉄道省画像部

北鉄局の撮影日記

ムーちゃんの国鉄型撮影日記Ⅱ

マイペースな鉄分補給 2nd
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR